透析クリニック 看護師

透析クリニックへの転職のメリットって何がある?

 

転職を透析クリニックへの転職を考えていますか?
転職前に透析クリニックへのメリットがどのようなものがあるのか知って置きたいですね。

 

透析クリニックのメリットについて解説します。

 

 

仕事がスケジュール通りに行くことが多い

 

特に昼間の場合は、患者さんが来院する人数や時間が決まっています。
なので、その日1日のスケジュールが組みやすいです。

 

治療時間は4時間と決まっています。
なので開始時間を調整すれば終了時間も調節できるため、経験を踏まえて計算して行動できます。

 

透析の治療が始まれば、時間おきにバイタル測定を行います。
特別に以上がない場合は基本的に監視でいいので、ぞの時間に発注などの雑務をこなす看護師が多いです。

 

 

休みを取りやすい

 

透析患者は年末年始も祝日も関係なく治療を受けないといけません。
透析クリニックはクリニックは祝日が休みになるとか、ゴールデンウィークがあるとか、カレンダー通りの休井はならないです。

 

流石に元旦だけはスタッフも患者さんも休みたいということもあるので、休みになるところもありますが、その場合の透析のスケジュールが1日ずれます。
祝日に休みはないですが、夏季休暇や冬季休暇は与えられ、期間内にしっかりと消化するように言われます。

 

 

透析クリニックはシフト制のところが多いので看護師同士で休みの都合などを相談し、または早い者勝ちで連休をとる看護師もいます。

9連休など大型連休を取る看護師もいましたが、有休と組み合わせて1ヶ月ほど休みをとり、海外旅行へ行く看護師もいました。

 

 

急変が少ない

 

透析クリニックへ通う患者さんは基本的には元気な人ばかりなので比較的安定して治療を終えることができます。

 

徐水量が多くて血圧が下がる患者さんも出るなど、イレギュラーな出来事もありますが頻繁に出るようなら事前に対策をしていればそれも防げます。

 

 

クリニックが潰れる心配が基本的にない

 

透析患者さんは年々1万人以上増えています。
多くの透析クリニックは近隣の大学病院や総合病院などと密接な関係を築いています。
病院で透析が導入された患者さんを紹介してくれて転院することが多いです。

 

転院された患者さんがその透析クリニックを気に入ってくれた場合は、そこからずっと通ってくれることになるのでクリニックに利益が出ます。
なので、透析クリニックが潰れるということは、その地域の人口などにもよりますが基本的には少ないでしょう。

 

まとめ

 

透析クリニックへの転職のメリットについて解説しました。
転職を考えている場合は検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>透析クリニックへの看護師転職まとめ

page top